FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPモアルボアル編 ≫ 早朝から深夜まで!!

早朝から深夜まで!!

昨日はいそがしかった~~

それこそ早朝から深夜まででした。。


先日アヤラで開かれた「日本文化祭」の「和光太鼓」のメンバーのみなさんをNAOKIさんがアイランドホッピングへ連れてきていただきました。

ケンジ、、みなさんボランティアで来て頂いた方たちだからせめては一番きれいな島、パンダノンへ連れて行ってあげたいんだ。。

ボ~ト代安くしろよ~~!

OK!!

NAOKIさんに言われたら…

なんでも「OK」ですよ~~汗


ただ、、私はダイバーのみなさんとモアルボアルへ行かなくちゃいけないんです。。

スタッフにはちゃんとショップで待機させておきますから~~

お願いします~~~~!


もう一つ、、、

STさんが、最後にもう一度、、ジェットをかっ飛ばしたいそうなんだ。。


わかりました、、好きなだけ使ってください!

港で待たせておきますから。。



詳しくは「NAOKIの居酒屋日記」をご覧下さいね・・




そして、朝6時にナカナマさんとハネさんのホテル「ドルネシア」へお迎えに。。


朝


いい天気になりそうですね~~

マンダウエ市に入り、、HAさんの「アリウール」?ホテルへ、、するとビクトルが行き過ぎてしまい~~汗

先にサトルさんを乗せて、、再びHAさんのお迎えに。。


さあ~~出発~~!

途中にカルカルのジョリビーでモーニングタイムです。。


カルカル


カルカル2


では、、ここからセブ島中央山脈こえの峠道へ。。

そしてモアルボアルへ着きました。。


ネルソン


いつものネルソンショップです。。


ここでダイビングのスーツに着替えて、、
すぐ前の海からボートに乗り込みます。。


ボート

今日のメンバ~~


ボート2


ボート6



ボート7

そして…私です~


ラプラプ


波しぶきを受けながら~~
目指すはぺスカドール島です。。


ぺスカ


先客のボートが行くまで、、待機です。。


ぺスカ2


いきますか~~


ダイブ


海の中もトラフィックです~汗


ダイブ2

アンコウが保護色で…
動きませんね~


アンコウ


ケーブにも入りましたが、、
ダイバーが多すぎて、、大物がまったく~いない。。


ケーブ4


ケーブ2


ケーブ5

神秘の世界ですね~
私は大好きです…


ぺスカ3


上がってみると、、沢山のボートだ~
ダイバーもと~ても多くて、、自分の仲間と見分けがつかない~~汗

次にはウミガメポイントへ。。


2ダイブ1


2本目へ~


2ダイブ



久しぶり~~
最近オスロブばかりだったからね~

元気ですか~?


カメ


お~~と、、

サトルさん、ニアミスだ~


カメ3


熟睡中のカメさん。。


カメ4


あ~~起こしてしまった~~


カメ6

ナカナマさ~~ん、、

にらめっこだ!

え~~!


カメ5


また来るからね~~


カメ2


ナンヨウツバメ2


2ダイブ2


モアルのダイビング終了~~!


ランチタイムはイタリアンで「ラテゴラ」です。。


ラテゴラ

ご馳走様でした。。



ラテゴラ2



久々のモアルでしたが、、期待の大物には出会えませんでした…涙


モアル


全員爆睡の中をセブへ帰ります。。


そのまま、、神楽へ!

レイコママも一緒に、、

みなさんで、、お疲れ様でした。。

アイランドホッピングも無事に終わったNAOKIさんとも会い、、

これから打ち上げパーティーなんだ、、

また後で合流するか。。


ナカナマさんとハネさんと私は、、

まだまだセブのナイトダイビングへ~


最後にはエ~スで、、

NAOKIさんとも合流。。

さすがに兄貴は、、ずっと寝てました…

モアルのカメさんみたいに~~汗


みなさん、お疲れ様でした!!!




がんばれ日本


↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL