FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPセブの出来事 ≫ ドォテルテ大統領初めての施政方針演説。。。

ドォテルテ大統領初めての施政方針演説。。。


おはようございます、、、


セブは相変わらずの猛暑日になっています、、、




朝




スコールはここ何日か無く、、

風も無く、、真夏日です。。




朝2




真夏の暑さで我が家の芝も、半分は枯れてしまいました、、、





芝



半分ほどは何とかミドリを取り戻しましたが、、、

そのまま枯れてしまった部分も多く出ました・・・


芝が枯れた後には、抜き取っても、雑草がすぐに、、

雨が降るたびに、勢いよく伸びてきます、、、





昨日ドォテルテ大統領が初めての施政方針演説をおこないました、、、




大統領




 ドゥテルテ大統領は25日、首都圏ケソン市の下院議事堂で就任後初の施政方針演説を行った。ミンダナオ地方ダバオ市の市長時代から力を入れてきた犯罪・違法薬物・汚職の撲滅に向けあらためて全力を注ぐ方針を示した。国内和平については、フィリピン共産党との一方的な即時停戦を宣言。イスラム系武装勢力、先住民グループなど利害関係者の訴えに耳を傾け、和平実現に精力的に取り組むと誓った。

 演説は約1時間半続き、主に英語で行われた。大統領は、自身がダバオ市で長く検事職に就いていたことを強調し、比の司法プロセスが形骸化していると批判。「国の法律をまがい物にし、われわれの生活を惨めなものにした者たちと闘うため、大統領に就任した」と決意を表明した。一方で、「人権は、人の尊厳を高めるためにあるが、国家を破壊する者を守り、許すために利用されてはならない」と述べ、犯罪撲滅のためには強硬的な手段も辞さない姿勢を示した。

中国などと領有権を争う南シナ海南沙諸島については「仲裁裁判の判断を問題の平和的解決に向けた重要な鍵として強く尊重する」と述べた。


仲裁裁判の判決をまったく認める事無く当事者同士の話し合いで解決しようとする中国に、、

判決があっての話し合いとした大統領ですが、、

同じく昨日ASEAN外相会議では、中国の思惑通りに共同声明が決まるなど、険しい事態に進んでいます。。


前代未聞のフィリピン国民の期待を背負っている大統領ですが、

今後が非常に気になります・・・









↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。



3FAITHS DJ SCHOOL
セブ島にてDJと英語を学べる留学


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL