FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPセブの出来事 ≫ フィリピンのダーティーハリー。。

フィリピンのダーティーハリー。。


おはようございます、、、


久しぶりに朝から空が晴れ渡りました~~





朝



気温は29度、、、風は微風です。。





ところで来年にはアキノ大統領の引退が決まっているのですが、、、


フィリピンでは次期大統領候補者のニュースが連日熱く報じられています、、、




その中の一人に、、


治安が悪かったミンダナオのダバオ市を、夜も女性が安心して歩ける町に劇的に改革したドゥテルテ氏という元ダバオ市長がいます。


この人のことをみんなが何て呼んでいるか・・・?



悪人はすべて抹殺すると公言している、、フィリピンのダーティーハリーなのです




ドゥテルテ氏は、故マルコス元大統領が「フィリピンが必要とする指導者像である」と公言している。自身に反発した場合は議会の閉鎖も辞さないとの考えを示している。ドゥテルテ氏は「統制」と「法と秩序」をキャッチフレーズにしているが、故マルコス大統領もかつて同じうたい文句を掲げていた。

 国民は、殺人や性生活について冗談を飛ばすドゥテルテ氏を映画ダーティー・ハリーのような「良心のある暴漢」と評価しているようだ。元映画俳優のエストラダ元大統領の例で見れば、国民がテレビ映えの良い候補者に影響を受けやすいことは明らかだ。



パルス・アジアが首都圏の有権者を対象に最近実施した次期大統領選に関する調査で、ダバオ市のドゥテルテ市長が支持率トップに躍り出たことは驚きである。まず、この調査は同市長が翻意して大統領選への出馬を表明する2週間前に行われていたことに加え、本人の地盤であるミンダナオ地方から遠く離れた首都圏で実施したにもかかわらず、この結果が出たことに驚きを隠せない。さらに、調査で同市長が有権者のすべての階層で支持を集めたことも特筆に値する。ロハス氏やポー氏への支持が上流・中流階層に、ビナイ氏への支持が貧困層にそれぞれ限られているのとはあまりにも対照的である。


最近も「もし自分が大統領になったら葬儀屋がもうかるだろう」と述べた。つまり彼は普通の候補者のような言動を取らないのだ。まったく政治家らしくない彼が、支配階級の出身でないことも一般の人々を引きつけている。

 今回のように首都圏の有権者の支持を集めた理由は何か。それは犯罪から守られていないと感じる市民が増えており、インフラが未整備で通勤地獄などの残酷な毎日を送らざるを得ない現実にへきえきした市民らが、病巣から解放されるために手助けしてくれる人物だとみているからだろう。




フィリピンの庶民たちに絶大な人気があるようです、、、

私個人的には、、フィリピンの悪を葬るにはこれくらいの勢いで行かなければ実現不可能のようにも思えますが、、、

ドゥテルテ氏が大統領になったらどうなるのか・・・



ただただ悪人が無くなることは良いことなのですが、、、

そのためには今までのフィリピンの空気が一変することになるでしょう、、



本当の民主主義が消えていく、、

自由が抑えられていく、、、


これも怖いことに思えてしまいます・・・






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL