FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPダイビング ≫ 晴れ女お二人さんが再びダイビングへ!

晴れ女お二人さんが再びダイビングへ!


晴れ女お二人さんが再びVKKへきていただきました。

やはり今日も晴れ!

さすがですね…


晴れ女


気持ち良いぐらい晴れて暑くなってきました。


さっそく出航しましょう!


出航


波も穏やかで風もなく晴れ!

最高のセブの海が返ってきました。

早いスタートなのでタリマに1番乗りです。

今日はMARIさんはシュノーケリングでMIKIさんが私とダイビングです。


ミキさん

もう体験のレベルじゃないですね。


はいるなりカクレクマノミの歓迎を受けました。

ラッキーなMIKIさんです

カクレクマノミ


ツーショット!


ミキさん4


沈船も誰もいません、魚がいっぱいです。


沈船

ここで1枚!


ミキさん2

珍しいセジロクマノミです。


セジロ


イェ~

MIKIさん


上ではビクトルがMARIさんと楽しそうにシュノーケリングをしています


ビクトル2


一度上がって休憩です。


渋滞

いつの間にかバンカーボートで一杯になっています



マンゴの味が違う!

メロンが芯まで甘い


ミキさんマリさん


さて2本目に挑戦です


ミキさん5

こちらMIKIさんが写しているのはハナビラクマノミ…これもかわいい


ハナビラ


再び沈船に行き記念写真


ミキさん3


私もついでに…


らぷらぷ2


エドガーまできました


エドガー


お二人にラブラブ写真を撮ろうといわれてと~ても嬉しそうなビクトルでした。


ビクトル3


みんなでピース

あれ私が…


みんな3

もう一つ


みんな


楽しかった海もおわりお別れです

アリガト、マタキテネ


エドガー2


この後ガイサノグランドモールへ行きお土産を買い、ローカルなBBQ屋さんへ案内しました。


ガイサノ


ガイサノのスタッフがシヌログ踊りで店内を回っていました。



4J


MIKIさん強いですね~

お腹一杯になったBBQ屋さんの安さにビックリ!

ご馳走様でした

最後にTONTONへ行き満足なセブを思いっきり楽しんでいただけたようでした


MIKIさんMARIさんありがとうございました。

お二人はVKKの関西方面のJAPANスタッフに任命させていただきます

これからもVKKを宜しくお願いしますね


VKKケンジ



アヤコショウダイ





↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  
CEL +63 92 6693 2060
e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment

No title
編集
ちょっと、ちょっと!
エドガー浮かれすぎじゃないですか?
いつも思うのですが、女性のお客さんが来ると、
VKKスタッフは、みんな楽しそうですよね・・・
ロディーのこんな笑顔は見たことがないですよ~。。。。。
ラプラプさんだけは、男女平等にやさしいですよね・・・(笑)
2011年01月16日(Sun) 21:06
もちろんです!
編集
誰が一番嬉しそうだったか?
だれあろう・・・ビクトルでした。
ビクトルがシュノーケリングでお客さんの相手をするのを見たのは初めてです(大汗)
私はもちろんお客様は皆さん同じに大事ですから・・・へへへ
2011年01月16日(Sun) 21:15
「いい仕事してますね」
編集
彼女たち、青い空を、碧い海を、VKKのフルサポートを、そして、セブを、満喫されていますね!
きっと大満足なVKKアレンジだったでしょうね。
次回へきっと繋がりますよ。
ラプラプさんの一生懸命なサポートが大いに感じられます。
それにしてもnakanamaさんいうとおり、女性客にはスタッフが生き生きしていますね。
そだよなぁ、やっぱり。。。
2011年01月16日(Sun) 21:45
ありがとうございます。
編集
お二人にはVKKのJAPANスタッフになっていただきましたので。
ありがたい事です。
スタッフは確かに嬉しそうですね、ビクトルも同じでした(笑)
フィリピン人の男性ですね、この辺は妙に正直になりますから(汗)
2011年01月16日(Sun) 22:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL