FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPブラカン編 ≫ マニラの美味しいラーメンと泥棒に注意!

マニラの美味しいラーメンと泥棒に注意!

セブへ帰ってきました。。

さすがにいい天気です~~


あさ


久ぶりの港です、、



港2




実家に行っているあいだに来ていただいたNKGさんですが、今日もダイビングに来ていただきました。

ビクトルと一緒に出ていただき、、私は家に帰りブログです。。



港





さて長かった実家行きでしたが、、

昨日は朝ケンリが学校へ行くのを見送って、、



ケンリ


バスに揺られてマニラへ~~


先日のエアコンバスがあまり飛ばさないので良かったと思い乗ったのですが…


バス



途中のバスの車窓の風景です。。


バシックリバーを渡るとマカティーシティーです。。


バシック川




マニラ



エドサ大通りを進みます。。

これは有名なエドサ・・・


エドサ



エドサ大通りの先端のマニラ湾沿いにあるのは、モールオフアジア(SMデパート)です。


しかしあのエアコンバス、、飛ばさないのは良いけれど、、やはり遅いのです。

MOA(モールオフアジア)まで3時間かかりました(汗)

いつもの開け広げの高速バスは事故も多くて危ないのですがとにかく早い!

たぶん2時間あまりで来れたでしょう。。

次回は高速バスだな~~




今回はここでランチタイムに最近できた山頭火ラーメンへ。。


山頭火


広いMOAの中を探し回り、、やっと見つけました。



山頭火2


となりにはセブ本店の焼肉の但馬屋がありました。


とりあえず初めてなので醤油ラーメンを、、



山頭火3


私の大好きな、ラーメンライスです、、

これであと漬物(できれば白菜のぬか漬けかたくあん)があれば、、言うことはありません…


そう思えるほどこの醤油ラーメンうまかったですね~~♪


ランチのあとにMOAのタクシー乗り場からマニラ空港のターミナル2へ、、

メーター通りで110ペソでした。。


120ペソあげたのですが、、お礼も言われなかった…

チップが少なかったみたい。。



小雨がぱらつきだしたマニラを飛び立ち、、



夕日


久しぶりに見るセブの夜景だ~~



セブの夜景


空港へはビクトルが迎えに来てくれて、、無事に家に帰ってきました。。




しかし、、


セブで3週間近くも家を無人にすると言うことは、、

とても心配なことなのです。。


それは、、泥棒!!


もしビレッジでなかったら、、街中に普通に塀付きの家を建てて住んだ場合、、

そこに住んでいるのが日本人(外人)だという事は周りにはすぐに知られています。

そういう情報はとても伝わるのが早い。


周りにはどこに泥棒がいるのか、、

ていうか、そこらじゅうに居ると思った方が良いですね。


そして家を無人にすると、、高い確率で泥棒にはいられます。。

この近所に、日本人夫婦が家を建てて住んでいたのですが、少し留守にした途端に泥棒にはいられて、、

しかもそれが3度も続き、、こんな危ないところには住めないと、、日本へ帰ってしまったそうです。

狙われていたのでしょう、、でも泥棒と出会わなくて良かったかもしれませんね。


泥棒はほとんどの場合、警察もしっかり調べてくれませんので、、

入られ損ということですな。。


ずっとそのことを心配していましたが、、ここのビレッジのガードは中々よろしいようです。。






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment

編集
おかえりなさいまし!
ラーメンライスのお味はどうでした?
某1階の○○ラーメンよりは美味しかったでしょうw
来週よろしくお願いします!!
2014年03月08日(Sat) 14:29
編集
副団長さんこんにちは。
12日からセブですね、お待ちしています。
2014年03月09日(Sun) 15:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL