FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPセブの出来事 ≫ どうにもならないフィリピンの常識!

どうにもならないフィリピンの常識!

今日のセブはいい天気になりました。。



あさ


昨日書いたフィリピンの常識、、

これは上げればキリがないほど日本との違いがありますね~


やはり躾と道徳教育が行き届いた日本で育ってきた人には理解しがたい事、、たくさんあります。。


そんな違いに振り回された事、話せばキリがない。。


知り合いのNさん、、

日本から荷物をコンテナに積み、フィリピンへ運びました。。


日本からは大手の運送会社を通して輸出。

もちろんセブの港へ着く予定が、、なぜかマニラでストップしてしまい、、、

それが8月のこと。。


いろんな事情が有りNさんセブでの荷受を税関の許可があるセブの地元の業者に依頼したのですが、、

なんとか9月にはセブに着きそうだからとセブへ出張してきました。


しかし、結果はコンテナがマニラから出ることができずに空振りでした。

セブの業者はマニラの税関に止められているために手が出ない。


この税関が、、コストムという役所ですが、大変なところなんですね~

アキノ大統領に変わってから、役所の賄賂体質の改善に取り組んでいるということなんですが、、

このコストムの前のトップがかなりの不正を追求されているみたいです。


この税関は、外国からの輸出入に関して絶大な権力を持っているようです。

この権力の使い道は、、これがフィリピンスタイルですね~

underthetable、、袖の下、、これなんですな~~


そんなフィリピンのシステムに振り回されてしまったNさん。。


先々週に荷物がやっとのこと届きそうだからと連絡をもらい、前回のこともあるので何度も確認を取り、

先週にはという話が、、まず週末には大丈夫だからと確認して、、25日にセブへ来ました。


ところが、、結局その25日に、、セブのコストムからコンテナを出すことができなかった…汗

空港へついて、その報告を聞き、、

なんだよ~~

何しに来たの~~俺たち~~?



翌日は土曜日、、もうどうにもなりません。。

そして間が悪くて月曜日は選挙で休み、月曜には帰国の予定でしたが、、


地元の仕事が忙しい中を無理をしてきたので、、昨日窓口に行きチケットの変更をして今日帰国しました。。



大変に気の毒なNさん、、来月荷物が届いたことを確認してから来るということでした。


フィリピンの役所は本当に大変です。。

まず自分たちのペースでしか仕事をしないですね。


外国へのチェックが非常にきつい。

何か粗探しされているような、それがあると…

難癖をつけて袖の下。。


フィリピンで企業している人たちも、大変な苦労をしていることは目に見えていますね。


これがフィリピン体質の悪いところで、、タイやインドネシアなどASEANでも外国企業の誘致が遅れている原因なのではないでしょうか。。

これは結果、フィリピンが絶大な損をしていることが明らかなのに、、


未来のフィリピンの発展や利益よりも、、今日の自分たちの小さな利益の方が最優先する、、

これがこの国のすべてなんでしょう。。


どうにもならんわ~~~!






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment

昔から言われている
編集
ラプラプさん、こんばんは。
 使い古された言葉でしょうが、『明日の100Pより、今の10P』! 浪速商人の『損して徳を取れ』!を憶えると、かなり進化するのでしょうが、先の事は考えれない国民性! 無理でしょうネ!
 まっ、そのままの方がP国らしくて、判り易い・扱いやすい!
Nさん、次回からは逆利用(P国スタイルを)すれば事はスムーズに進むでしょうネ! 日本人は、学習能力が有りますから!
2013年10月28日(Mon) 02:47
30年後も同じ
編集
こんにちは、
私が始めてフィリピンに行ったのは30年以上前です。
帰国時、マニラ空港の荷物検査場で係員がチップを要求していました。
JALは検査場を信用していないんでしょうか、機内に搭乗する直前で
JALの社員が再検査していましたね。もちろん、チップは要求されませんでした(笑)。
乗客全員、フィリピンの手荷物検査に不審を持っていたのでしょう、再検査にはだれも不満を言っていませんでした。
この国は30年前から変わっていません。おそらく30年後もなんら変わっていないでしょう。
ただ、他の東南アジアの国が発展するので、東南アジアの最貧民国の一つになるのでしょうね。
2013年10月28日(Mon) 12:51
編集
Hamreyさんこんにちは。
はいそうですね、20年前からフィリピンを知っているNさんですが、仕事の取引となると約束事などがあり日本人は気がもめるのです。
どこまでフィリピンスタイルに合わせるか、これが問題です。
2013年10月28日(Mon) 13:07
編集
トイプードルのチェリーさんコメントありがとうございます。
出入国検査はそうですね、特にマニラの第1ターミナルはひどかったですね、今もあまり変わっていないのでは。
フィリピンの発展は国民性が邪魔しているということですね。
2013年10月28日(Mon) 13:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL