FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP観光 ≫ 今のセブシティー観光の現実!

今のセブシティー観光の現実!

強烈な台風が、、今週半ばには27号、、週末には28号が日本に接近する模様です。

これはいよいよエルニーニョの影響か、いつまでも海水温が高いために台風が発生しやすくなっているようです。

しかも日本近海まで水温が高いために発達しながら北上する。。

セブの地震もびっくりしましたし、未だにボホールは救援を待っている状況ですが、、

この大型の台風は怖いですね、、十分な対策をしてくださいね。。



昨日は私も久しぶりのセブ観光へ。


まず向かったのはセブのビバリーヒルズ、、

セブのお金持ちの家が並ぶ山手の住宅街です。。


セブのお金持ちといえば、やはり華僑の人たちです。

したがってここには華僑の人達が建立した中国式の道教の大きなお寺があるのです。



テンプル2


何が釣れるのでしょう~

こい…?


テンプル3



テンプル4


この次には山を降りて、、下町へ。


有名なサントニーニョ教会へ行きたかったのですが、、


サントニーニョ


先日の地震で一部が崩壊していて、、入れませんでした。



サントニーニョ2


それではちょ~とセブの下町の象徴、、

カルボンマーケットを見てみましょうか。。



カルボン



カルボン2


ここは車の中から見るだけにしましょうね~~



続いてサンペドロ要塞へ。。



サンペドロ





しっしかし、、ここにも…




サンペドロ2


やはり石灰岩で積み上げた城壁や教会の建物は、、

長年の雨風での風化によりもろくなっていたようですね。。



サンペドロ3


他の城壁にも崩壊がありました。

おそらくもろい石灰岩のうえに、石の裏も土だったかもしれませんね。


約3~400年ほど、、地震とは無縁だったセブ、

太平洋プレートから見ると日本と同じ条件のように思うのですが、、

セブは地震がなかったようによく言いますが、、ルソンやミンダナオでは前からちょくちょく地震が起きていました。

ルソン島のビコール地域にあるマヨン火山は今も活動をしているし、、何年も前にはルソンのピナツボ火山の大噴火は記憶している人も多いのではないでしょうか。

これからは当然の如く地震対策を考えて生活していかなければいけなくなりそうです。。



観光ツアーは買い物にSMにより、、



デパート



お土産を買って、、帰りました。。




今日はオスロブへジンベエツアーに~~!

あす報告します。。





↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト



Comment

観光名所が・・・
編集
ラプラプさん、おはようございます。
 定番の観光コースですが、見られない箇所があり残念ですネ! マジェランクロスも観れないのでしょうか!?
2013年10月22日(Tue) 09:32
編集
自然的な破損とは言え切ないですね…
カルボンはケンジさんでも遠慮するんすね(汗)
来月襲撃してみます。チンピラ軍団連れて(笑)
2013年10月22日(Tue) 19:01
編集
Hamreyさんこんばんは。
マゼランクロスは歩けば行けるようでしたが車が近くへ行けそうになかったのでやめました。
2013年10月22日(Tue) 21:45
編集
副団長さんこんばんは。
カルボンは何度か行ったことはあります。
お客さんと一緒の時は車からは降りないようにしています。
カルボンと言っても広くて、それぞれの売物の場所があります。
カルボンに行く時は、準備が必要です。
一番にカルボンがどんなところか認識すること。
次に服装や持ち物は出来るだけ金持ち日本人に見えないように。
お金は振り分ける、大事なのは頼りに(ボディーガード代わり)なりそうなフィリピン人と行くことです。
チンピラ軍団…
これは格好の的になりそうですね~
2013年10月22日(Tue) 21:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL