FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2016年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月
ARCHIVE ≫ 2016年10月
      

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

禁煙条例強まる。。。



おはようございます、、、


今日のセブは晴れ、、、



気温は30度、、風は微風です。。。





愛煙家の私には、ひじょうに気になるニュースがあります、、



毎日のようにとんでもない発言で、いまやフィリピンだけではなく世界中に知れ渡ってきたドォテルテ大統領ですが、、、



大統領5



いよいよダバオ市と同じように、、公共の場所すべてを禁煙化することになりそうです、、


ウビアル厚生長官は9日までに、全国の公園や公共交通機関、バスターミナルなど公共の場所における禁煙を義務づける大統領令が近く発効すると明らかにした。10月末までにドゥテルテ大統領が署名して、発効する見通し。この大統領令はダバオ市条例を下敷きにしており、大統領がダバオ市長時代に同市で実施していた厳しい禁煙条例をそのまま全国に拡大することになった。
首都圏でも各市条例などで公共の場所での喫煙はかなり制限されているが、大統領令でさらに徹底した規制を行う。日本人を含む喫煙者はこれまで以上に厳密な取締りを受けることになりそうだ。

一方、厚生省は、大統領令に加えて、喫煙を規制する現行法の共和国法第9211号(たばこ規制法)の一部条項の修正にも乗り出すとしている。特に、たばこの広告の規制と屋内での喫煙場所の指定に関する条項の修正を検討している。同長官は、同法の改正法案について「たばこの販売所などにおける広告を禁止すると同時に、屋内の喫煙場所についても完全に撤廃したい」と述べており、大幅に喫煙場所が制限される可能性が強い。

喫煙規制の強化に対して反対運動が起きることも予想されるが、ウビアル長官は「反対するのは自由だ。しかし、ドゥテルテ大統領を敵に回すことになるだろう」と述べ、警告した。



逆らう者には容赦ない姿勢の大統領です、、




現在フィリピンで売られているタバコですが、、


ひじょうにたちの悪い嫌がらせのような表紙になっています、、、




タバコ



左が日本製、、、右二つがフィリピンで売られているメビウスです、、




有無を言わせない大統領、、


今月末には、、デパートの外や、レストランの外など、、

中は禁煙でも外に出れば喫煙できたところも、できなくなりそうです。



厳しくなってきました・・・





↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト