FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月
      

≪ 前月 |  2016年07月  | 翌月 ≫

大統領VS麻薬組織。。。


おはようございます、、、



空は曇り、、風もあり涼しくなっています、、、




朝




いよいよドォテルテ大統領と麻薬組織の全面対決がはじまりました、、、




大統領




ドゥテルテ大統領は7日夜、マラカニアン宮殿で記者会見を開き、フィリピン国内の違法薬物密売を取り仕切る「麻薬王」として中国人3人の名前を公表した。内務自治省幹部や自治体首長らの密売関与も指摘し、密売組織撲滅へ向けた強い決意を示した。また、国家警察のガルボ元警視監をあらためて名指しし、麻薬王2人と関わりがあるとして批判した。

 麻薬王3人は、首都圏を含むルソン地方を縄張りにするピーター・コー、ビサヤ地方で活動するピーター・リム、銀行強盗や誘拐を繰り返す犯罪組織幹部のハーバート・コランコの3氏。

 大統領によると、コー、コランコの両氏はすでに逮捕され、首都圏モンテンルパ市のニュービリビッド刑務所に収監されているが、現在も所内から薬物密売を指揮している。

 ビサヤ地方で暗躍するリム氏は現在、比国外におり、大統領は「もしマニラ空港でリム氏が確認されたら、即座に殺されるだろう」と警告、超法規的殺人の対象になる可能性を示唆した。

 コー、リム両氏は同系列の密売組織に属し、ガルボ元警視監とのつながりを維持しているという。

 大統領は先に、薬物密売に関与する国家警察関係者として、同元警視監と現職幹部ら5人を名指し、同元警視監以外の4人はすでに首都圏ケソン市の国家警察本部に出頭した。

 会見に同席したカルダ法務局長によると、扱う違法薬物の量や額によって密売人のレベルを5段階に分けている。「麻薬王」の3氏とガルボ元警視監は最悪の「レベル5」という。カルダ局長は「さらに下のレベルには、国家警察や内務自治省刑務所管理局の幹部、地方自治体の首長も含まれている」と明らかにした。



連日地元のニュースでは、薬物関連で射殺された密売人や悪徳ポリスのことでにぎわっています、、、


まもなく国際裁判で中国の海洋進出への判決が出ますが、、、


大統領の周辺が、さらに騒がしくなってきそうです。。。






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。



3FAITHS DJ SCHOOL
セブ島にてDJと英語を学べる留学


スポンサーサイト