FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

ドォテルテ大統領VS麻薬組織の仁義無き戦い。。


朝から晴れて暑くなってきました、、、




朝






フィリピンの次期大統領に確定しているドォテルテ氏ですが、、、、、


先日には閣僚などの人事を発表、、、

その後も連日のように過激な発言を繰り返しています、、、



ドォテルテ氏が当初からはっきりと明言していることは、、犯罪の撲滅です。。


就任6ヶ月で、犯罪を撲滅すると、、、

そのやり方がかなり過激になってきました、、、


先日以前からドォテルテ氏が言う厳しい条例を同じように施行してきたメトロマニラのラスピニャス市で、、、

先立ってドゥテルテ氏の名を関した浄化作戦が行われ、多くの逮捕者を出しているようです。

公的な場所で飲酒していた27人と、夜の外出禁止を無視した未成年者57人、、、

さらにシャツを着用せずに、上半身裸で外を歩いていた16人を逮捕しました。

さらに違法薬物を使用していた未成年者8人も逮捕されたそうです。


フィリピンでは薬物のまんえんが大きな問題なのは、以前から誰でも知っていることなのですが、、、

このたび、、こんなことを記者会見で発言しました、、、


ドゥテルテ氏はこれまでにも軍や警察による犯罪者の射殺を容認する発言をしているが、この席では「やつら(犯罪者)が君たちの近所にいたら、遠慮なく警察かわれわれに通報してくれ。もし手元に銃があれば、自分でやって(撃ち殺して)いい。私が支持する」と述べ、一般市民にも同じことを認めた。

支持者の歓声を浴びたドゥテルテ氏は「そいつが死ぬまで戦う気なら、殺して構わない。その人には私から勲章を授けよう」とも発言。さらに麻薬中毒はリハビリでも治らないとの持論を展開し、「麻薬に手を出したやつは殺す。本当に殺すからな」などと息巻いた。

「麻薬密売組織のボスを殺した場合は500万ペソの報奨金を出す」
殺害未遂の場合は499万9千ペソ、麻薬密売人を殺害した場合は300万ペソ、未遂は299万9千ペソ、さらに末端の密売人の殺害には5万ペソを支払うと主張した。選挙期間中に集まった寄付金の残りを財源に充てるという。

次期大統領の強硬な犯罪対策は、ミンダナオ地方を中心に一部自治体も追従しており、5月にはビサヤ地方セブ市長選で当選したオスメーニャ元市長が「犯人を殺害した場合は5万ペソを支払う」と述べ、実際に同市で窃盗犯に発砲した警官に報奨金を支払ったことで物議を醸した。

ほかにも、、フィリピンでもっとも腐敗している省庁は、、

内国歳入庁(BIR)と関税局(BOC)、陸運局(LTO)の3つを名指しで非難しました。

「この3つが最も腐敗している省庁だ」
「私はこれらの省庁の悪習を廃止するつもりだ」


この発言を聞いて喜んでいる人、、、背筋が寒くなってきた人、、、いろいろでしょうが、、、

悪人を懲らしめるにはかなりの効き目があるのか、、、




ところが現在刑務所に囚われの身の麻薬組織の大物が、、

ドォテルテ大統領と、国家警察長官にたいして、、、

暗殺すれば1000万ペソの懸賞金をかけたというのですから驚きです

次期国家警察長官への起用が決まったデラロサ警視正は7日、首都圏モンテンルパ市のニュービリビッド刑務所に収監されている麻薬密売組織の幹部たちが、ドゥテルテ次期大統領と自身の殺害に懸賞金1千万ペソを懸けたとの情報があると明らかにした。次期大統領は以前から麻薬密売組織撲滅に力を入れており、常に命を狙われる立場にある。


なにか仁義無き殺し合いになりそうな気配がしてきました、、、


むかしから安い金額で殺しを請合うヒットマンがいるとうわさのフィリピンですが、、

こうなるとそのヒットマンたちが本気になってもおかしくない気がしてきました・・・




↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。



3FAITHS DJ SCHOOL
セブ島にてDJと英語を学べる留学


スポンサーサイト