FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月
      

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

救援物資を遠い離島へ!!

昨夜から今朝にかけ雨がよく降りました、、今は曇空のセブマクタンです。


レイテ島の死者は5209人行方不明者は1600人を超えているそうです。

邦人もまだ多数の方が行方不明になっています。

フィリピン最大の台風被害になっています、亡くなったかたのご冥福をお祈りします。




一昨日の救援活動です。。


風が強く波が高い時にあたってしまったので、ボートとの待ち合わせをセブ島の北の端にあるダーンバンタヤンにあるマヤという港に変更しました。

ボゴシティーから、、


道路


たくさんの人が列をなしているボゴ市民病院の前を通りました。



病院2


負傷者や病気の人達が多く待っています。

各国からの医療援助の基地になっているようでした。

外に多くのテントが張られて野戦病院のようでした。

おそらく日本からの医療隊もここに来ているんでしょう。



病院



道中では救援物資の配布をしているところや、トラックから物資を配っているところなどを何箇所か見かけました。



救援隊






港の近くには日本赤十字のメンバーが何人か活動をしていました。

マクタンにある日本通運の大型トラックも来ていました。


赤十字




小さなこの港はマラパスクアへ行くバンカーボートの船着場があります。



マヤ



マヤ1


さっそく港にいる人たちから情報を聞きました。

マラパスクアから来ている人が多くいて、随分と支援物資や救援が届いていることを聞きました。

やはりリゾートのビーチのコテージやホテルは壊れてしまい全滅の状態だと言っていました。


マヤ3




この時にも多数のバンカーボートが建築資材や飲料水や米袋に食料などをたくさん積み、次々に出て行っていました。



マヤ2


ここまで来たからにはマラパスクアはたくさんの物資が届いているようなので、少し遠くになるけどカルナサ島へ行くことになりました。


そうこうしているあいだにVKKボートが追いついてきました。


マヤ4


早速物資を積み込みます。



荷積



荷積2



午後1時になってしまいました。。

出航~~!



マヤ5


目の前にマラパスクア島が見えていますが、、


マラパスクア島


目指すカルナサ島はうっすらと小さく見えているだけなのです、、


沖へ出るとやはり波が高い、、大波を超えて行くので、スピードが出せないのです~~



ボート


2時間以上かかりましたが、、

やっと島がはっきり見えてきました。。



カルナサ島


小さな島ですが、、綺麗なビーチが見えます。。


ビーチ3



ビーチ



ビーチに近づくと、、早速島の人達が集まってきました…


ビーチ2


この島の学校へ行き配布しようかと話していましたが、、もう時間がないのでここで配りましょう。。

そう言って配りだそうとすると、、


いきなり我先にとたくさんの人達がボートに乗ってきたではないですか~~!


ボート1


待って待って!!

ボートが壊れてしまう!!


その時に一人の女性が飛び出し、、配布物を停めてみんなに言い聞かせだしたのです。。


ボート2


この女性、まだ20歳そこそこだと思うのですが、、しっかりした態度と話でみんなに諭して、、

ほかの誰かに指示をして島の住民の世帯主を書いたメモを持ってきて順番に名前を呼び配りだしたのです。

これにはみんなも従い、パニックにならずに配ることができました。。


ボート4


一人ずつ名前を呼び、誰かが手をあげて返事をする、、そして渡す。

見事な統制でした…


おかげで時間がかかりましたが。。


NAOKIさんが、この子、、うちで働かないかな~

そんなことを言ってました(笑)



ビーチ4



ボート3


最後に古着を出して配りだしたのですが、、時間がかかるのでビーチへ持っていき(ボートの上ではひどいことになるので)
みんなで分けなさいとというと。。

先ほどの女性が持っていきビーチで配りだしたのですが~~


ビーチ7


やはり予想通り、、パニックだ~~~!


ビーチ8


あっという間に終わりました~~大汗



島民約1000人の世帯はおそらく300前後でしょう。

NAOKIさんが準備した物資の袋はまだたくさん残っていましたが、帰り道で配ることに。。




島とお別れです。。


がんばれカルナダの皆さんたち~~!!



ビーチ6


子供たちも、、


ビーチ9


潮が引き始めて、、

すると大人たちが泳いできて、、押してくれました。。


ボート5


さよなら~~!


ビーチ10



ボート6


さ~~

帰りは追い波なのでスピードが早いのですが、、


日が暮れて来ました~~



サンセット


港に帰った頃には、、真っ暗でした。。


残った物資を再びバンに積み、帰り道で配ります。。


しかしダーンバンタヤン全体が停電なので、車のライト以外は真っ暗闇なのです。


道沿いにいる子供たちを見つけると、、


バン4


最初は子供達でも、、車が止まるのを見た大人が寄ってきます~



バン


何箇所か止まり配りました。。



バン3


時間は8時になろうとしていましたが、

あたりが真っ暗で、、レストランなどどこにもありません、、

お腹がすいたけど神楽に帰るまで我慢しましょう。。


9時半頃に神楽に到着。


神楽2


空きっ腹で乾いた喉にしみこむビールがサイコウ~~!

みなさんかなり疲れましたが、、

心地よい疲れというのか、


お疲れ様でした~~!!!!!



VKKボートは、まだ風が強いので、ナイロンビーチの中でしばらく停泊して、、

波が収まってきた頃をみて、朝方にマクタンに無事に帰ってきました。


たくさんの方のご好意で無事故で救援物資を、まだ日本人は誰も行っていない離島に届けることができました。

ありがとうございました!!!




がんばろうフィリピン!!





↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト