FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月
      

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

フィリピン史上最大の台風ヨランダ!

ブラカン州サンホセデルモンテ市に滞在中です。。

セブと比べて体感気温ですが、3~4度は低いようです。

少し高地になっている事と、セブより500KM以上北に位置しているせいでしょうか。



朝


雨もセブよりは多くて、かなり涼しく感じます。。



フィリピンのビサヤ(中部)地方を横断した大型台風30号ですが、、

最初の上陸地のサマール島とレイテ島に大変な被害をだしました。



ビサヤ地方


特にレイテ島のタクローバンシティー付近の海岸線では、まるで津波の被害と同じ状況になっています。
多くの人が竜巻のような風で建物が押しつぶされたところに海岸線から1~2KMほどの低地が高波に襲われて、崩壊した家や車などと一緒に海水に飲み込まれてしまい、、海に流されてしまったようです。


同国警察幹部は、レイテ州で8日、台風が通過した地域の約70─80%の建物が破壊されたと述べ、地元当局者の話として、死者数が1万人に上る可能性があるとの見方を示した。


壊滅的な被害を受けた同州タクロバンに入ったマヌエル・ロハス内相は、「ヘリコプターから見れば、被害の規模が把握できる。沿岸部から1キロ圏内で立っている建物はない。まるで津波(の被害)のようだ」と語った。

国連人道問題調整室(OCHA)は、今回の台風で約62万人が家を失い、950万人が被災したとの声明を発表。また、レイテ州に隣接するサマル州の災害対策本部関係者によると、同州では約300人が死亡した。


国際赤十字の報道担当者はフィリピンでの被害について、西部の島の被害状況などがまったく把握できていないと指摘。全国で計1万人近くが死亡したとの推定も現実味を帯びていると述べた。

すでに多数の犠牲者が報告されているタクロバンでは、当局による対応の遅れを非難する声が高まっている。これに対してアキノ大統領は、「現場に駆けつけるはずの職員の多くが被害を受け、出勤できなかった」と説明した。

被災地では停電が続き、食料や水が不足している。道路には遺体が散乱し、病院は患者であふれ、医薬品も底をつきかけている。


フィリピン史上最大規模の台風となったヨランダですが、このようにまだまだ通信網などが普及できていないところが多く、被害の状況がまったくつかめていないようです。


つい最近にボホール島大地震が起きてまだまだ避難生活をしている人たちが多く居るところへ、今回の台風被害となり、たくさんの人たちが亡くなりまた行方不明になっています。
怪我をした人や避難をしている人たちも大変たくさん居るということです。

現地では略奪などもおきていて、治安の悪化が危ぶまれているそうですが、一日も早くもとの生活に戻れるように祈る思いです。

なくなられた方たちにご冥福をお祈りいたします。






↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト