FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年12月
ARCHIVE ≫ 2011年12月
      

≪ 前月 |  2011年12月  | 翌月 ≫

ビレッジのクリスマスパーティー!

セブは台風も過ぎ去り穏やかな日曜日になりました。

あさ



今朝早くにセブの釣り氏Kさんが来ていただきました。


港



台風で心配しましたが、海も穏やかで天気も曇り時々晴れの良い日和になりました。

港3



KさんとCさんからVKKのクリスマスのプレゼント作戦に、今まで二人で貯めてきましたと、木で出来たお酒の箱に一杯に詰まったコインを協賛していただきました。

ありがとうございました。






しかし台風21号の爪あとは悲惨なことになりました。

台風の進路の右側(北側)にあるセブは比較てき雨も少なく風も一晩でおとなしくなりましたが、進路の南側にあるミンダナオ島の北側は大きな被害が出たようです。

元々未開発な地域でもあり、川の整備などはほとんど自然のまま、山も今まで大きな雨の被害も無かったのでしょう。
そこへ思いがけない大きな台風の直撃をうけたのです。

いったいどれだけの人が台風が迫っている事を知っていたのでしょうか?

知っていたとしてもそれに対する知識も無い、怖いことです。。

皆が寝入っていた深夜に村ごと土砂崩れで流されたところ。

フィリピンでよくある川沿いの家もたくさん流されたでしょう。

堤防などなく自然の川の河川敷のようなところに勝手に家を建ててすんでいるのですから。

ミンダナオでも大きな町カガヤンデオロ市や近くのイリガンというところが人口も多く、なくなった人が集中したようです。

発展途上国の中でも中心からはるか離れた地域、いろんな意味で遅れていたでしょう。

国軍が2万人規模の救助隊を送り活動しているそうです。


実は昨日の嫁さんがマクタンドクターでエコーを撮ってくれた医師はカガヤンデオロの人でした。

ずっと携帯でTEXしていて焦っていたそうです。

聞けば身内の家が流されたそうです。


山や川の整備の意味、台風などの情報をいち早く正確に知らせることがとても大切な事だと認識させられますね。

フィリピンでは深夜のTV放送は休みです、何十年前の日本です。

多くの無くなった方達のご冥福をお祈りします。





話は変わりますが、今日は私の住むビレッジでクリスマスパーティーです。


パーティー


パーティー2



3時から子供達のゲーム大会、6時から大人のパーティーです。


ゲーム


今ケンリたちが行ってます。


ケンリ


FUさんおげんきですか?

FUさん



ケンリ5


ケンリ3


ケンリ4



私は昨日歯を抜いたばかりなのでやめておきます。

ゆっくりブログを書いていようと。。

それに…

大きな声では言えませんが、、

食べたい料理が…汗


いえで自分の好きなものを食べるほうが、、いいで~す。。



がんばれ日本


↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  
CEL +63 92 6693 2060
e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト