FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2011年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2011年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年02月
ARCHIVE ≫ 2011年02月
      

≪ 前月 |  2011年02月  | 翌月 ≫

1バンダイジハ、ハートデショ!!

今朝も…小雨が降り風強しです

空



私がセブへ来て3年が過ぎました。

石の上にも3年。
母親から若いときに何回もそういわれて我慢することを教えられたのを覚えています。

特に最初の1年は…その通り我慢の連続でした。


景気が悪くなった日本を離れて嫁さんに子供できたのをきっかけにフィリピンで、しかもセブで何とか生活できないかと思い来てしまいした。

セブで知り合いといえばフィリピン人のビクトルだけでした。

来る前に1度私のダイビングのN先生とセブへ来てビクトルに相談したのですが。
「ダイジョウブ、オイデ!」

とまあ、簡単に言ってくれたわけでした。

「1バンダイジハ、ハートダヨ。」
と格好良いことをいっていました。

そして3年前にこの言葉を信じて単身セブへ…
バハラナなフィリピン人、そしてそれを信じる私と…

いくらフィリピン人の嫁さんがいて子供もできていたとしても、ここは外国です。

今までの人生を日本で過ごしてきて生活習慣すべてが日本式で染まっているのです。
何から何まで違うのです。
例を挙げればキリがないのです。

まだまだなれたわけではありません、戸惑う時、腹が立つときも多々あります。

でも嫌な事ばかりじゃないです。
嬉しいこと楽しいこともたくさんあります。


セブへ来てから知り合う人とは親しくならないように気をつけてきました。

ビクトル以外のフィリピン人は信用しない。
親切な日本人はもっと信用しないと。

特に最初の頃に出会った人は私のことを無愛想な人だなと思ったことでしょう。

実際同じアパートで親切を装い慣れていない人に話しかけて、最後には…??
う~~んそんな人は見ていると悲しくなりますね。


私は人の事どころではない、VKKもその頃は1ヶ月以上お客さんが無いなんてよくありました。
持ってきたお金も底をつくのが目にみえていました。
でも家族がいて生まれたばかりのケンリがいるので何とかしなければ…


そんなころに知り合ったTAさんという方が2台もっていたうちの1台の車を売ってボートを買いなさいよ。
そんなことを言ってくれたのです。

え~~~!
マジッ!!

今は酔っ払っていて後でそんなこと言ったかな?なんていわないでくださいよ。

大丈夫だよ~

車は2台あってもしょうがないし、余分な車よりバンカーボートが有ったほうがセブなら良いでしょう。

そして私の収入の足しにすれば良いと言って貰ったのです。

セブへ来てこんな日本人に会えるなんて…

なんていい人なんだと心から思いました。


その車を売ってくるのに時間が掛かりましたが、なんとか売れて今のVKKバンカーボートができたのです。


パンダノン15



TAさんに大感謝です。

それからは自社ボート所有してますと宣伝して少しは格好もついてきたのです。
まだまだ生活が安定するところまでは行きませんでしたが、一縷の望みが出てきたようで気持ちがすこし楽になりました。


それかもいろいろと有りました。

ある方が新しいショップを出すので内へ来ないかと言って下さり、真剣そうしようかと考えてビクトルにも話して生活のために仕方ないからと決めたこともありました。
結局はその人も実質的なオーナーではなかったので決めた話が食い違ってきてしまい実現できませんでした。
この時は正直応えましたね…


またまた落ち込みましたが以前から贔屓にしてくださっていたお客さんからも心温まる激励をいただだきました。
そしてその頃にはあのセブのお兄さんも神楽で何か仕事させようかと真剣考えていただいたそうでした(後日談で聞きました)。

今ではその方とも家族ぐるみの友達付き合いで仲良くさせていただいています。
奥さんはケンリをとても可愛がってくれています。
先日にはその人の紹介でセブの日本人ダイビング協会のJDACに参加させていただきました。

ラプラプタウンを私に作ってくれたマニラのあすかるさん、それから釣りのできるVKKのために頑張って下さっています。
そして釣りの道具にノウハウなど、私の家族ともどもまでいつも心配してくださっているTAさん。
そしてこのブログをつくりVKKのホームページまで作ってくださったナカナマさん。

私の大切な財産はセブで知り合い、そして可愛がってくださっている皆さんです。
お金で買えるものではありません。
それこそ「イチバンダイジハ、ハートダヨ!」ですね。


石の上にも3年。
セブへ来て一つの区切りの3年が過ぎました。

そしていろいろな方から頑張れと励ましていただきありがとうございます。
ここからまたニューVKKを盛り上げて行き次のステップアップへ向いたいと思います。



いつもこのブログを見ていただいている、まだお会いしたことのない方もありがとうございます。
いつかセブでお会いできる日を楽しみにしています。

これからも「セブ島ダイバーの子育て奮闘記」と「VKKダイビングショップ」を宜しくお願いいたします。


ケンリ


薬の嫌いなケンリ、飲ませようとすると…寝てしまいます?


ケンリ2


飲めるでしょう!
アクターのケンリでした。



↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

VKKダイビングショップ
HP:http://vkkdiving.web.fc2.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  
CEL +63 92 6693 2060
e-mail:vkkdiving@yahoo.co.jp
日本語でお答えいたします。

スポンサーサイト