FC2ブログ

セブ島移住で子育て奮闘記

2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 事件簿
CATEGORY ≫ 事件簿
       次ページ ≫

セブの犯罪の実態!


おはようございます、、


去年の10,11,12月におけるセブ州の犯罪白書が日本大使館より報告がありました。



邦人に関する以外は、余りニュースにならないので実態がわかりませんでしたが、、、


これをみると・・・


改めて日本とは違うんだと、、


驚かされます




みなさんもこれをよくみて、参考にしましょう




海外安全対策情報(2018年10月〜12月)
在セブ領事事務所

1 社会・治安情勢
(1)セブ,ラプラプ等の主要都市部や,周辺の観光地等において大規模なテロ事件は発生していないが,2017年4月,ボホール島の一部地域において,AGS関係者と治安部隊が衝突し,双方に死傷者が出る事案が発生した。
 東部ビサヤ地域のうちレイテ州では,2016年12月,爆発事件が発生し,35名が負傷している。また、西部ビサヤ地域のうちネグロス島については2017年10月,西ネグロス州カウアヤンにおいて、警察車両に対する襲撃に伴い一般人が負傷する事件が発生している。
(2)セブ州について,以下の犯罪統計のとおり,今期においても強盗,窃盗事件や銃器を使用した殺人事件が引き続き多発している。また,日本人旅行者,特に短期語学留学生がトランプのいかさま賭博被害事例や,強盗・窃盗被害も引き続き報告されている。
 万一の状況発生に備える,簡単に見知らぬ人物の誘いには乗らない,外出する場合には常に周囲の状況に気を配る,所持品から目を離さない等,防犯・安全対策を徹底し,慎重に行動することが大切である。

2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向
(1)フィリピン国家警察から入手したセブ州の犯罪統計によれば,2018年10月〜12月における犯罪発生件数は以下のとおり。
(ア)殺人(含む未遂) 144件(前期比:5.8%増)
(うちセブ都市圏(セブ,マンダウェイ,ラプラプの3市)で66件(前期比:13%減))
(イ)傷害    595件 (前期比:27%増)
(うちセブ都市圏の3市で271件(前期比:24%増))
(ウ)強姦    109件 (前期比:1%減)
(うちセブ都市圏の3市で32件(前期比:8.5%減))
(エ)強盗    323件 (前期比:40%増)
(うちセブ都市圏の3市で151件(前期比:38.5%増))
(オ)窃盗    886件 (前期比:21.5%増)
 (うちセブ都市圏の3市で530件(前期比:2%増))
(2018年10月〜12月における犯罪件数総数は11,145件,前期比より16%増,前年同期比で28%増となっている)
(2)邦人被害事案
(ア)10月中旬,セブ市内の現地料理店において邦人旅行者(男性)が,旅券,財布等が入ったポーチの置き引きに遭った。
(イ)10月中旬,ビサヤ地方セブ市内のショッピングモールにおいて邦人留学生(女性)が,人とぶつかった後,所持していた財布が無くなっていることに気づいた。
(ウ)11月中旬,ラプラプ市内のレストランにおいて邦人旅行者(女性)が,旅券、現金等が入ったカバンの置き引きに遭った。
(エ)11月中旬夜,セブ市内ITパーク付近のナイトマーケットにおいて邦人旅行者(女性)が、人混みの中で身動きがとれなくなった後、カバンに入れていた旅券・財布の盗難に遭った。
(オ)12月中旬、セブ市内のショッピングモールにおいて邦人留学生(男性)が,いかさま賭博詐欺に遭い,携帯電話及び現金を詐取された。

3 テロ・爆弾事件発生状況
邦人被害にかかる事件は無し。

4 誘拐・脅迫事件発生状況
邦人被害にかかる事件は無し。

5 日本企業の安全に関する諸問題
 当地に所在する日系企業・個人に対する恐喝,脅迫等の問題は報告されていない。










↓下のタグをクリックしてね!

にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

KENダイビングショップ
HP:http://www.kendiving-cebu.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:kenji@kendiving-cebu.com
日本語でお答えいたします。
スポンサーサイト
事件簿 | Comments(0) | Trackbacks(-)

連続爆弾テロ発生。。


おはようございます、、


大統領のイスラムの自治権を容認しようという努力もむなしく、、


ミンダナオで爆弾テロが発生しました、、





テロ3





ミンダナオ地方スルー州ホロ町の教会内で発生した連続爆発で18人死亡、82人負傷


ミンダナオ地方スルー州ホロ町のスルー教会で27日午前8時15分ごろ、2回連続して爆発が起き、日曜朝のミサのために教会に来ていた一般信者や国軍兵士ら少なくとも18人が死亡、82人が負傷した。国軍によると爆発は手製爆弾によるとみられ、ミサが始まる直前の教会内と教会外の駐車場で続いて起きた。警察と国軍はテロ事件とみて現場周辺に設置されていた監視カメラの映像などを確認、犯行グループ特定を進めている。

 国軍西ミンダナオ司令本部の発表によると、死者18人のうち12人が信者ら民間人で、5人が国軍兵士、1人が沿岸警備隊員だった。負傷者は83人のうち民間人が65人で、15人が兵士、2人が沿岸警備隊員という。

21日に実施されたバンサモロ基本法(BOL)によるイスラム自治政府創設の承認とその領域を決める第1回の住民投票で、スルー州は州単独では反対が上回った。しかし、同州を含む現在のイスラム自治区(ARMM)内5州はARMM全域の票数で一括して承認、加入が決まるため、スルー州はイスラム自治政府に加入することになっていた。





テロ





日本大使館からテロ情報が出ています、、、



●1月27日午前,スールー州ホロ市の教会において爆弾が爆発する事案が発生し,少なくとも20名が死亡し100名以上が負傷する事件が発生しました。
●事案が発生した南部の危険情報レベル3(渡航中止勧告)の地域と,首都マニラ等の状況は異なりますが,フィリピン全土において,テロ,その他の事案の発生に注意する必要があります。フィリピンへ渡航・滞在される方は,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。




まだまだミンダナオではテロリストが暗躍しているようです、、


セブやマニラもいつテロリストが現れるか・・・



この国ではあらゆる危険を承知して生活をすることが大事なようです。。





テロ2






↓下のタグをクリックしてね!

にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

KENダイビングショップ
HP:http://www.kendiving-cebu.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:kenji@kendiving-cebu.com
日本語でお答えいたします。
事件簿 | Comments(0) | Trackbacks(-)

実は日本人の旦那が犯人だった ??


おはようございます、、



昨日は日中から夜まで降ったり止んだりと、、ずっと雨でした、、


今朝は風もほぼなく、雨上がりの曇り空、、


気温は30度、、湿度は80%です。。





朝




台風25号は、また週末に日本に影響しそうです、、


気をつけてください。。







事件



少し前の話なのですが、、


8月にセブ市内の路上でバイクに乗ったヒットマンに拳銃で殺された日本人の会社経営者の女性は、、、


実は日本人の旦那が首謀者だったそうです、、





事件2




お金のことでもめていたとか、、


でもここまでやりますかね~


しかも日本人なのに・・・


知り合いのフィリピン人を使って、、殺す・・・


いろいろな事情があったのでしょう、、



でもすぐに警察にばれるような結果に、、


どうしちゃったんでしょうね~~














↓下のタグをクリックしてね!

にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

KENダイビングショップ
HP:http://www.kendiving-cebu.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:kenji@kendiving-cebu.com
日本語でお答えいたします。
事件簿 | Comments(0) | Trackbacks(-)

またミサイル。。


おはようございます、、



北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射したみたいですね、、、


国民を飢え死にさせても核保有国になりたいという独裁者、、


どうにもならない国です・・・








セブは先ほどまで雨でした、、、





ショップ




このあと、、またむし暑くなるのかな・・・








↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

KENダイビングショップ
HP:http://www.kendiving-cebu.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:kenji@kendiving-cebu.com
日本語でお答えいたします。

大統領のマラウィ市の戦闘終結宣言。。


おはようございます、、


台風21号がフィリピンの東を北上しています、、、





画像




マクタンは現在曇り空、、


風が少し出てきたようです、、





ドテルテ大統領が、ミンダナオのマラウィ市のテロリストからの開放を宣言しました。。




画像2




 ドゥテルテ大統領は17日、5月から過激派との戦闘が続くミンダナオ地方マラウィ市の解放を宣言した。国軍も過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘は終結したと声明を発表し、一部未制圧地域は残りながらも、同市は事実上解放された。

ドゥテルテ大統領は同日、マラウィ市で演説し「同市はテロリストの影響下から解放された」と述べ、戦闘終結と同市再建の始まりを宣言した。同市では5月23日から始まった戦闘で、国軍はこれまでに過激派約850人を殺害、国軍兵士・警察官、市民を含め千人以上が死亡している。住民らは30万人以上が避難している。


これに伴い日本大使館から注意情報がでています、、

1.10月16日,フィリピン南部(ミンダナオ島西部),南ラナオ州のマラウィ市(危険情報レベル3の地域)で続いていた反政府勢力(イスラム系武装組織)と治安部隊との交戦において,同市の一部を占拠していたとされるアブ・サヤフ・グループ及びマウテ・グループ,それぞれの主要メンバーらが殺害され,同17日にはドゥテルテ大統領も,「マラウィがテロリストの脅威から解放されたことを宣言する。」と述べるなど,事態は終局を迎えつつあります。

2.しかしながら,マラウィ市では未だ治安当局による武装勢力の掃討作戦等が続行されているとの報道もあり,同市周辺地域では,いまなお戦闘や不測の事態に巻き込まれる危険性があります。同市を含む危険情報レベル3の地域(※)への渡航は止めてください。

3.また,交戦により武装組織の主要メンバーが殺害されたことで,同武装組織の関係者(戦闘員)が報復行動に出る危険性もあります。マラウィ市にほど近いイリガン市,あるいは比較的近いカガヤン・デ・オロ市をはじめ,フィリピン各地において同関係者の流入等も懸念されることから,引き続きテロ等の発生には十分な注意と警戒が必要です。5月23日に発出されたミンダナオ地域全域に対する戒厳令も解除されていません。



テロリストからの開放宣言がでましたが、、

まだ戒厳令はでたままです、、

危険な地域には近寄らない事が賢明なようです。。







↓下のタグをクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


お知らせ
P1010911.jpgvkk123456789.jpg

KENダイビングショップ
HP:http://www.kendiving-cebu.com/ 
セブ島ダイビングは、こちらまでお願いしますm(_ _)m
空港送迎や市内観光も致します。

ご予約・お問い合わせ先
KENJI NAGASUNA  

CEL +63 91 7327 5615
番号が変更になりました。

e-mail:kenji@kendiving-cebu.com
日本語でお答えいたします。